2017年9月14日木曜日

09/13/17 【グループアート展に出展!】

朝晩は一桁の気温となり、秋らしい気候になってきた西カナダです。
今回は、芸術の秋にふさわしいグループアート展に出展!したお話です。
 

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

カナダ精神衛生協会主催の

『第14回アウェイクニング・ザ・スピリット』グループアート展&セール

の出展作家在廊オープニングナイトが催されました。

メンタルの問題を持つ人が集まるカナダ精神衛生協会の
アートクラスでボランティアをしている私の作品も展示して頂きました。



驚いたことに私の作品は入り口入った真ん前に展示されていました!

嬉しかったです~

このアートワークについてスピーチを頼まれたので、こんな話をしました。

「私のアートワークが初めて売れたのは、
数年前に出展した、このグループ展でした。

私にとっては、アーティストとしてデビューした
展覧会なので、今回、再度出展でき光栄です。

今回の出展作品は、思い出深いある人を
想って作ったものです。


二年前のある日、思いがけない死をきっかけに
作成し始めました。

そして、数カ月掛けて完成させ詩をつけました。

私の彼女への想いを聴いて下さい。」

 

  『笑顔だけ残して』



あたりまえのようにあったその場所に、その人の存在がなくなった 

生きていさえすれば、声を聴くことも、手を取り合うことも
できるのに、
その人は逝ってしまった

 「さよなら」の言葉も残してくれず
受け取った訃報を、信じられない想いで持てあましている

最後に会ったのはいつだったろうか?
どんな話をしたのだろうか?
どんな気持ちだったのだろうか?
別れ際に身体を寄せ合って、抱きしめあったろうか?

曖昧な記憶を掻き集めて
心の中にその人のコラージュを作る

いつも会っていた場所や、好きだった動物や、
分かち合った秘密

欠片を集めてその人が生きた
痕跡を残そう

その人の笑顔だけが残って
私に微笑みかけている

私の心の中の時計はそこで止まったまま
もう時を刻むことはない

その人の魂は辿りついたところで
安らかな眠りについているだろうか

その寝顔には笑顔だけが残って
永遠に微笑み続けることだろう 



Only the Smile of Her Was Left



One day, the existence of my dear heart disappeared;

The person has died

Only if she lives though, I could meet and take her hand

While hearing her lovely voice.



I even had not received a word of

"Good-bye" from her.

I became confused and could not believe

the news of her passing away.



When did I meet her last time?

What kind of talk did we have?

What kind of feelings did we share?

Did we I huddle up and hug each other?



Scrape vague memories of her up.

I gather the pieces of her memories

For creating the collage of her in my heart



Only the smile of her was left.

She smiles at me



The clock in my heart does not tick away time anymore

With stopping the time she disappeared.



Will the soul of the person sleep peacefully in the place where she arrived at?

Only a smile is left in her sleeping face and

She will continue smiling forever in my heart.



© Eiko Emily Uehara 
  
バレエの友人がおめかしして駆け付けてくれました
 

同じく自作のアートワークを出展したアートクラスの参加者、その母親、インストラクター、そしてワーカーと共に

このような展覧会に出展する機会があると、これからの作品制作への意欲につながります。

来年は市立のアートギャラリーで開催予定のこの展覧会。
どんな出展作品を作ろうかと思い巡らして楽しんでいます。

2017年8月25日金曜日

08/24/17 【すごい結果!児童不安症心理テスト】

残暑厳しい日々が少しずつ減ってきて、
朝晩は冷え込むようになってきました。

空の模様から秋の気配が感じられる西カナダです。

セッションで心理テストを取り入れた例を紹介致します。

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 

 
~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~




例年は夏は臨床心理カウンセリングの仕事は少ないのですが、
この夏はたくさんのクライアントが!


今夏は地域的に山火事が頻発したため、不安を感じた人が多いのかも。 

私が臨床したクライアントには子どもも大人もいますが、
その中に子どもの症状に対して心理テストを用いた例がありました。

この場合、親御さんとお子さんが別々にテストを受けました。

とても興味深い結果となったので、クライアントにブログ掲載の承諾を
頂き、匿名でテスト結果をアップ致します。

12歳の男児A君に行動を心配して来談されたご両親。


親御さんによる息子くんの生活態度に関する話を聴いていて、
それぞれの障害指数が数値で表示される心理テストを用いてみようと
協力を促しました。


今回用いたのは、

スペンス児童用不安尺度:
Spence Chlldren's Anxlety Scale

https://www.chibatc.co.jp/cgi/web/index.cgi?c=catalogue-zoom&pk=231
 
小学3年生から中学3年生を対象にした子どもの不安症を
測定する目的で開発された自己記入式の質問紙。


同じ質問で親御さん対象にお子さんの態度の観察テストもあります。  
子どもの不安症は、児童の心理的問題の中で最もよく起こっているもの。

このテストはアメリカ精神医学学会のDSM-Ⅳ-TRに基づいて
およそ40設問されていて、不安障害全体の程度に加えて


1.分離不安障害

2.社交不安障害

3.強迫性障害

4.パニック障害

5.全般性不安障害

6.外傷恐怖 (限局性恐怖症) 

の6つの尺度がどれくらいなのかを計れるようになっています。

 

親御さんにお子さんの行動を観察して答えてもらったテスト結果



Separation Anxiety:分離不安と、
Physical Injury Anxiety:外傷恐怖が
同じくらい、とても高い結果に。

 
 お子さんに答えてもらったテストの結果は…


 

順位は逆転しているけれど、お子さんもおなじ部分が高い。

息子君は、1番に外傷恐怖が、2番に分離不安が
高い結果に。

この親子はとても分かりあっていることが、
スコアの同調から分かりました。
A君のセッションにはアート・セラピーを取り入れ、一緒にゲームしたり、

 
セラピスト(私)とA君の非言語コミュニケーションの仕方も
観察してみました。

これら、全ての所見をまとめてレポートを作成するのです。

セラピストとしては時間外にスコア集計や作成の時間と手間が掛かる
方法ですが、テスト結果が有効に働きそうな場合は
私はテストを取り入れています。

親御さんに息子君の不安症専門の機関やサイトをリサーチして推薦して、
感謝のお言葉を頂きました。



早期発見・加療が大切なのは、身体的疾患も精神的なものも同じなので、

セラピスト冥利に尽きるケースとなりました。






 

2017年8月12日土曜日

08/10/17 【折紙アート:30分で作品完成!】 

今年のカナダBC州は 相次ぐ山火事で空は煙っていて
青空が見えない夏を迎えています。


 
5歳から12歳が参加した図書館主催の折り紙ワークショップ!

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。

~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~


年に数回、地元の図書館でお子さん対象に折紙を教えています。

そのニュースが広がり、他の地域の図書館からもリクエストが来ました。

家から100㎞以上の距離を運転して到着したのは、

ランビーという小さい町にある図書館

  
1グループお子さん約10名で、2グループできました。

今回の折り紙のテーマは花だったので、蓮の花とバラを候補に。





 
参加者の年齢・経験・技術を考慮して何を折るか数種用意していました。

幼かったり、折り紙が初めてのお子さんが多かったので、
簡単な花としてヒマワリにしました。
そして、生き物も折りたいとのことで、カエルを選びました。
参加者によって能力も掛かる時間もまちまちでしたが、
絶対に落ちこぼれがでないよう、確認しながら教えました。
将来イケメンになりそうな男子が懐いてきて嬉しかった~




 グループ1:アート作品を手に
 
 グループ2:幼稚園児から小5までの年齢幅がありました。



 
ご招待頂いたお礼に図書館に折り紙アートを作り贈りました。
 


担当のミッチさんは折り紙アートがとてもお気に召した様子でした。

「またここまで来てくれたら、折り紙ワークショップをしたいわ」と
行って頂けて本望でした。

また、この図書館を訪れたいです。

2017年8月6日日曜日

8/6/17 【7日夜、ラジオ出演放送です!】

一昨日からバンクーバーに滞在しています。
今日は花火大会を見てきました。

 

またまたラジオ番組に出演させて頂きました!

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。


~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~


兵庫県明石市に7月17日に開局したインターネットラジオ局:fm135の
番組にゲスト出演させて頂きました。
 
fm135『ひとみstyleほうまんラジオ』

7:00pm~7:30pm(4回シリーズ)



 

第1回:8月 7 日
第2回:8月14日

第3回:8月21日

第4回:8月28日

 

87日から毎週月曜日に4回シリーズで放送されます。


もし聴き逃してしまっても、再放送があるんです!


88152229日(火)12:30am1:00pm


89162330日(水)10:00pm10:30pm


810172431日(木)8:00am8:30am

ご拝聴頂けましたら、番組へのご感想を頂けますと

嬉しいです。
よろしくお願い致します。