2017年7月26日水曜日

07/25/17 【30人も参加!夏の折り紙教室】

夏休みになると、地元の図書館では子ども向けのイベントが目白押し!
 
定員オーバーになった図書館での折り紙教室
心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。 
  

~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

 
この町の図書館の子ども図書員のオーディーさんと
毎年、季節ものの折り紙や書道のイベントを企画して開催しています。 

折り紙専門家上原英子の
とっぴな折り紙セッション』とは!

  今年は、おたまじゃくしとカエルのシリーズ!

季節もので、5歳から12歳まで30名、幅広い年齢層のお子さんが
楽しみながら、時間内に完成させられるものを選ぶって、大変~
 

今年はこの地域に来ていた日本人女性のFさんが
サポートして下さったので、助かりました!
30名のお子さんプラス保護者で図書館の4テーブルを占領 

保護者が付き添ってくれているけど、折り紙をしたことがないので
お子さんが折る際のお手伝いにはならないのです…
 
折り方が難しくなると、途端にお助けしなきゃならない~
 
アートワークが仕上がったよ~!

それでも、お子さんたちはそれぞれ好きなように作品を作り上げました!

私とFさんに、

「楽しかった~ありがとうございました。」と
言いに来たお子さんもいました!


次回の折り紙教室は冬になりそうです。
何を折ろうかと、今から楽しみにしています。

2017年7月22日土曜日

07/21/17 【7/17の北陸中日新聞に講座記事が掲載‼】

2017年の第八回アート・セラピー講座:ジャパン・ツアーから
カナダの自宅に帰ってきて3日が経ちました。  

 
7月17日号に北陸中日新聞社会部記者:
督あかりさんの取材記事の掲載が‼

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。
 ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~


去る715日(土)14:00-17:00、金沢市保古の机カフェで、
大人発達障害の会:ここらぼ主催の

『人間関係に効くアドラー心理学 〜親子・夫婦・

職場でのうまくいくコミュニケーションを
体感してみよう~

アドラー心理学を取り入れたアート・セラピー講座が開催されました。

 
25人ほどの参加者で、会場は満員御礼!
講師冥利に尽きました。

ここらぼ主催者の水戸(みっとくん)より

講師の私のご紹介がありました。
 
アドラー心理学の「共同体感覚」 には3つの要素が含まれます。
この写真は2つ目を説明しているところです。

久しぶりにクレパスを手に自分の中のイメージを描いてみると…

それぞれ個性的なイメージが出て来ました~
その中に♡を描いた人が二人いて、共時性を感じました。


他のテーブルでは、こんなイメージが描かれていました。
何といっても人気なのは、

グループで制作するアートワーク
 

それぞれのグループの持ち味が視覚的に表れるのが醍醐味。 
  
グループの作品の一部を各自が千切って持って帰るための
「千切りの儀」をしているところ~

日本で新聞記事に私の講座を取り上げて頂いたのは、

今回で二度目。前回も金沢での講座の取材記事でしたが、小さい記事でした。

これからもこのような機会を頂けますように。

2017年5月24日水曜日

05/23/17 【第8回帰国アート・セラピー・ツアー日程表】

5月26日に帰国を控えて連日午前様で
アート・セラピー講座準備に明け暮れております。
 
昨年はこんな会場で古村先生とコラボ・講座を開催しました

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。

 ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~





上原英子第8回帰国ツアー:
日本でのアート・セラピー講座日程2017


講座へのお問い合わせ、お申込みは各連絡先までお願い致します。

石川県金沢市 

1.6月4日(日)14:00~17:00 『お互いの心を伝えあうアート・セラピー』
主催:いしかわ地域リハビリテーション研究会、
会場: 石川県地場産業奨励センター、
連絡先:影近謙治先生kagetika@p1.coralnet.or.jp 


岩手県奥州市

2.6月11日(日)10:00-17:00『アート・セラピスト養成講座初級編』主催:イシス、会場: 水沢地域交流館アスピア、申し込み先: http://www.reservestock.jp/events/185843

3. 6月12日(月)10:00~12:30『心って脳だった!幸せ脳が身体を楽にする』主催:ミトンサークル、会場: ナチュラルセンスショールーム


4. 6月12日(月)13:00~15:30『ネガティブな気持ちを手放そう』主催:ミトンサークル、会場: ナチュラルセンスショールーム 


5. 6月13日(火)10:00~12:30『自分を引いて観られるようになり、自己表現が楽しくなる』主催:ミトンサークル、会場: 水沢ガスショールーム

6. 6月13日(火) 13:00~15:30『我慢できない気持ちとお別れしよう』弁証法的行動療法 主催:ミトンサークル、会場: 水沢ガスショールーム

3.~6.の連絡先:

ミトンサークル:mitten_mint@yahoo.co.jp,090-1939-9308
 

沖縄県那覇市

7.6月17日(土)9:30-16:30『アート・セラピスト養成講座初級編』主催:イシス、会場: 楽読 安里スクール:沖縄県那覇市字安里358、お申込み: http://www.reservestock.jp/events/184289, 連絡先: 島元八重子さんpantareyykk32@ezweb.ne.jp,090-9789-4378



和歌山県和歌山市


8. 6月22日(木)個人セッション:9~、10~、11~、『偽る自分、疲れる心。アドラー心理学で見直してみませんか?』13:30-16:30、主催:『和み彩香』メンバー愛羽ミイコさん、会場:和歌山中央コミュニティセンター、連絡先:info@aibamieko.com

大阪府
 

9. 6月24日(土)9:30-16:30『アート・セラピスト養成講座初級編』主催:イシス、申し込み: http://www.reservestock.jp/events/184287,会場: 箕面市立中央生涯学習センター、連絡先: kotaro.kitamura@d-support-i.org、 090-7883-4304

10. 6月25日(日)13:00-16:30『アドラー心理学とアート・セラピーの実践』主催: 日本ホリスティック医学協会関西支部、会場:大阪市北区民センター、連絡先: http://www.holistic-kansai.com/mf2017-6.html,078-742-7002

11. 6月28日(水)18:30~20:30『自分と相手を区別するライン「バウンダリー:境界線」を学びませんか』講座:18:30~20:30 懇親会(参加費は別途) 21:00~ 会場:アーツ☆エンターテイメント学院、連絡先: 06-6536-8048 

兵庫県神戸市
 

12. 7月1日(土)個人セッション:9:30~、10:30~、11:30~
13:30 ~16:30『自分のコミュニケーションって?』
主催:『和み彩香』代表いずみのりこさん、会場: 神戸市教育会館、連絡先:TEL&FAX:078-203-4802 (電話受付:11:00〜16:00) email:nagomiaya@maia.eonet.ne.jp

愛知県長久手市

13. 7月4日(火)個人セッション: 9~、10~、11~、13:30~16:30アート・セラピー講座『偽る自分、疲れる心。アドラー心理学で見直してみませんか?』主催:『和み彩香』メンバー石山松江さん 会場: 長久手文化の家、連絡先: http://amaryllis-room.com/

*14.7月5日(水) 半田市立亀崎小学校:10:50~12:15ひまわり学級来訪

群馬県前橋市

15. 7月8日(土)13:30~16:30『関わりを育むアプローチ:アート×音楽×ダンス』会場: スタジオ・アンシャノアール、連絡先: fwks7533@nifty.com 090-5208-0656

16. 7月9日(日)10:00~12:30特別アート・セラピー講演・演習会『アドラー心理学を取り入れたアート・セラピー』主催:医療法人緑流舎(宇都木医院)、共催:グメスの会、高崎栄養士会、イーライリリー社、一般参加可。会場:群馬県公社総合ビル1階研修室 連絡先: 027-372-1404、Fax: 027-372-1405

 
石川県金沢市

17. 7月12日(水)10:00-12:30情熱育児~ママの笑顔は家族の笑顔~『アートでママの自己肯定感をUP』主催:ベスタの会 会場:イシスサロン金沢駅近郊(金沢市昭和町 お申込みの方にお知らせします)連絡先: 藪下佳代さん:fromisis2008@gmail.com,090-8268-1062

*18. 7月12日(水)17:30-13:00『マインドフルネスと脳のフィットネス』主催:プシケの会、会場:金沢医科大学

19. 7月15日(土)9:30-12:00『教育とアート・セラピー』カナダにおける発達障害支援、伸楽ひふみ学園生徒支援者対象講座、会場:ひふみ学園、連絡先:(076)227-9878 

20. 7月15日(土)14:00-17:00 『人間関係に効くアドラー心理学 〜親子・夫婦・職場でのうまくいくコミュニケーションを体感してみよう~』主催:ここらぼ、会場:机カフェ、連絡先: 090−6810−8563(代表)

21. 7月16日(日)10:00-17:00『アート・セラピスト養成講座初級編』主催:イシス、会場:イシスサロン金沢駅近郊(金沢市昭和町:お申込みの方にお知らせします)申し込み: http://www.reservestock.jp/events/183813

連絡先:藪下佳代さん:fromisis2008@gmail.com,090-8268-1062


今年も全国各地で皆さんにお目に掛かれること
を楽しみにしています。


2017年5月17日水曜日

05/16/17 【遊びが心の癒しになる?】 

あと10日で帰国なので、講演会の準備に邁進しています。
 
第二回箱庭療法協会&プレイ・セラピー協会ジョイントの
学会に参加しました。

遊びや箱庭を用いた療法は、学びの場も楽しい!

心を紐解くアート作り:プロセスを大切にする 『心のアート・ワーク』の
カナダBC州公認アート・セラピスト&同州公認心理カウンセラー
上原英子です。

 ~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~

プレイ・セラピーとは 主に12歳以下の子ども対象
に遊びを主なコミュニケーション手段、表現手段
として行われる心理療法のこと。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E6%88%AF%E7%99%82%E6%B3%95
 
おもちゃや箱庭などを用いるので、楽しく遊ぶ
心理療法をイメージしがち。


でも、プレイ・セラピーは、精神分析派の流れを
汲んでいて、マスターするのに難易度の高い
心理療法なのです。
 
それぞれの参加者が持参したオブジェを開会式の時に好きなように置いて儀式としました。
 
私はレースのような柄に見えるグレイのジェムストーンを置ました。 誰かがゴムで囲いました。
 

 
最初の講演はこの療法の歴史や概論を網羅したもので、英語の講演を聴きながらスライドの内容を理解していくのが大変でした。
 
バンクーバー在住でBC大学で教鞭を執るアート・セラピストでありプレイ・セラピスのアラン氏と、プレイ・セラピストの妻による講演。

ユング派の理念を図式化したスライド
 
私は彼女が描いた絵を見て、日本文化に触れた子どもではないかと感じましたが、カナダではマイノリティーの日系なので、まさかね~
 
ところが、教授の言葉からやっぱり日本人の12歳児を事例にしていたと分かって自分の勘に◎


 
『大人にも遊びが必要!のワークショップ 

発達段階でアビューズなどによりトラウマが積み重なった大人は、子ども時代に遊びを体験していない場合もあり、遊び方が分からないことが往々にしてあるという事例でした。
 
テキサスの大学教授のこのワークショップでは、
いきなりビーチボールが放り投げられて、
参加者は座ったままボールを受け取っては
投げるを繰り返す顛末も。

ボール遊びもひとつの遊びの形、を体験しました。 

 
セラピストの心的ストレスと燃え尽きについて
 
各席にこんなクラフト材が置かれていました。 
 
キットの木を組み立てて、葉に自分の特性を
ひとつずつ記してセットしたところ。

 
参加者各自がクラウンと帽子を飾りつけして、
自分の生活での役割毎に被り替えるイメージを
遊び心と共に体験しました。

 
『私は何歳?プレイルームでの青少年たち』

こちらのワークショップでも心的トラウマについて
学び、発達段階でのそれが心の発育を阻んでしまうこと。

また、クライアントの実際の年齢ではなく、心の発達年齢を探って心理療法を行う大切さについて学びました。

 
内容は元より、ものすごくプロっぽいワークショップの
展開の仕方が勉強になりました。

アメリカ人の先生の徹底した自己主張的態度、素晴らしかったです!

 『視覚イメージのささやき』

とっても抽象的な解釈が多い精神分析系の
概念を用いたワークショップ


 「感じる」ということはどういうことなのか?

セラピストがクライアントの態度や遊びに何かしらを感じた時、それをどう用いて心理療法をするか?

実際にあるクライアントが作った箱庭を再現して見せたこの先生の記憶力ってすごい! 

開会の儀式でジェムストーンを置いた私が
その石と引き換えに、誰かが置いたオブジェを
紙に包んだものを一つ選んで開けてみたら、
 
黄色くて手触りがスベスベの石でした!
この石は私のコンピューターの横に置いて、
神経が疲れた時にそっと握っています。

3日間で新しい知識や体験を詰め込んだ今回の学会参加。

次の機会も是非、参加したいです。